>  > 冗談の上手な子は床上手

冗談の上手な子は床上手

「話上手は床上手」なんて言いますけど、冗談の上手な子もまた、床上手なんじゃないかなと。これは風俗の世界で感じているんですよね。風俗の子もいろんな子がいますけど、冗談の上手な子ってサービス精神が旺盛ですよね。なんで冗談を言うのかといえば、その場の雰囲気を盛り上げようとしているからだと思うんですよね。つまりは相手が視界に入っているからこそだと思うんですよ。実際、自分が最近お気に入りのRちゃんもそうなんです。彼女はとっても冗談が上手いんですけど、それだけじゃなくてテクニックも上手なら、二人の雰囲気作りそのものもとても上手なんですよね。そこに何よりも感謝というか、喜びのようなものがあるんですよね。だから風俗っていろんな所で判断出来ますよね。きっと話し上手だとか冗談が上手だとか以外にも、「これが上手な子は床上手」みたいなものがあると思うので、今後も風俗を楽しんでそれらを発見していきたいなって思います。

消去法でもいいじゃないですか

消去法というとネガティブなイメージになってしまうかもしれませんが、自分が風俗にハマっているのは風俗が大好きなのもありますけど、それ以外に他に趣味がないのもありますよね。無趣味ですし、何か興味があるようなこともありません。強いて挙げればグルメですけど、そもそもグルメというか食事は楽しいとは思いますが栄養補給でもあるので、グルメをしていない人なんていないと思うんですよ。誰だって生きるために食べているでしょうしね(笑)だからそれはおかしいというか、自分としては当たり前のことだと思うんですけど、だからこそ趣味とは違うんですよね。そうなると自分にとっては趣味らしい趣味なんてないんです。でも風俗だけは楽しいので、消去法かもしれませんが、風俗は大好きなんですよね。でも、それでいいんじゃないかなとも思うんです。別に風俗に行って「積極的な趣味ですか?」なんて聞かれるようなことはありませんし、自分のペースでいいんですよ。

[ 2016-12-13 ]

カテゴリ: 風俗体験談